by ol-_-ol-3-3-3
<   2012年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧
【山口】尚歯堂 2012/4/27 
 
 
 
 
防府市の尚歯堂デイサービスで演奏させていただきました。
 
音モダチになったばかりの『とんこさん』が声をかけてくださいました!
d0121960_19133032.jpg

 
 
 
 
d0121960_19134534.jpg

 
 
 
  今日はいつもと違うのです。なんとギターがおるんです!
   
  
 
  二週間前に音モダチになったばかりで、お会いするのは今日で2回目(笑)
 
  とんこさんの音モダチの

  『ギターの がっちゃん』が伴奏をしてくださったのです!
 
  

 
 
  ギターとホルンって・・・ 意外に合うのねーーー!!!
 
  蔵田の音に寄り添って演奏してくださって、もう、ぶち感謝です.+☆。

  新しい世界を見つけてしまった!!!

  どうしよう!!
 
 
 
    
 
d0121960_1920320.jpg

 
 
 
 
d0121960_1922676.jpg

 
 
  ホルンは、眠とーなるような音がします。

  だから、蔵田の演奏会では遠慮なく寝てもオッケー。あくびもオッケー!

  感じた事を、演奏中にシャウトしてもオッケーなのです。
  



  緊張せずに、気軽に楽しんでいただければ幸せです。
 
    

  前半は、聴いた事があるような?ないような?曲が続くのですが・・・

  皆さん目パッチリで、ニコニコ笑顔で聴いてくださっていて

  嬉しかったですよ〜。
   
   

  がっちゃんは何度もココに訪問して歌っているらしいです。

  だから、おばあちゃんのファンが多いこと!
  
  盛り上がりましたよぉぉ〜!
   
  
 
  
  利用者の皆さん、職員の方々、とんこさん、がっちゃんのおかげで

  ぶち最高な思い出ができました!!
  
  ありがとうございました!!
 
 
  
 
d0121960_2065153.jpg

 
by ol-_-ol-3-3-3 | 2012-04-27 19:47 | ・演奏 ─ 老人施設
【山口】ネストハウス岩国 2012/4/23 
 
 
 
 
ネストハウス岩国さんの【ネストまつり】
  
雨天での開催でしたが、大勢のお客さんで大賑わい〜!!
d0121960_132046100.jpg
 
   
  
   
 
d0121960_13211698.jpg

   
   
 
    
d0121960_1323373.jpg

 
 
 
  今年もホルン演奏をさせていただきました。 いつも有難うございます!!
 

 
  ネストさんの『ほんまもん館』は、木のぬくもりあふれるお部屋で
 
  しかもよく響きます!
  
  ホルンにもぴったりで大好きなお部屋です.+☆。
  
  
 
  
  今回は、ピアノのトモコ姉さんと演奏しました。 
 
  お子様がたくさ〜ん聴きに来てくれて、嬉しかったナ!
 
 

 
  頭上からも聴いてくれたよ(笑) ここはピアノの指も見れて 特等席かもしれない!
  
  落ちないでね!!
 
 
 

 
 
d0121960_1325457.jpg

 
 
 

  恒例の アルプホルンの体験コーナーですよ!
   
  大人も子どもも、たくさんの方々がチャレンジしてくれて、ぶち嬉しい! 
 
  

  
  アルプホルン体験コーナーは

  楽器との記念撮影の時間でもあります。

  お子様の番になると、ベルの前でパパママがカメラを構えます。
    
  でも楽器が長すぎて、なかなか人物にピントが合わないという・・・((笑))
   
  

  今度、ベストアングルを探しておきますね!  
   
 
 
  
 
 
d0121960_13334329.jpg

 
 
 
 
  

元気な子どもたちに囲まれて、最高な時間でした!
 

  
 
 
 
 

d0121960_13454320.jpg
Photo by 音モダチの村夏至さん http://blog.canpan.info/nougeiraku/archive/945

 
by ol-_-ol-3-3-3 | 2012-04-23 13:50 | ・演奏 ─ イベント
【山口】アースデイ@瀬戸内 2012/4/21 
 
 
 
d0121960_20233934.jpg

 
 
 
  光市の虹ヶ浜でおこなわれた【アースデイ@瀬戸内】
  


  アースデイ(地球の日)=地球に感謝し、行動する日。
 
  大人から子どもまであらゆる立場を越えて

  誰しもが自由にその人の方法で地球環境を守る意思表示をする

  国際連帯行動デーなのです。
  
 

  楽しみながら環境について学べるブースが盛りだくさん。

  フリーマッケットも 盛りだくさん。

  美味しい食べ物屋さんも ぶちたくさ〜ん!!
    
  シーカヤック、ラフティングボートなど

  楽しい海の乗り物体験もあったよ。すぐ側が海だもんね!
 
 
 
 
 
 
d0121960_202423100.jpg

 
  
 
 
  そのイベントの『風のステージ』では

  地球を愛する様々なミュージシャンたちが出演するのです。
 

 
 
  蔵田もお呼ばれしまして、浜までやってきたわけです。

  ありがとうございます!!
  
  今日は野外なので、アルプホルンのみでの出演。
    
  
  
  片手間にやっているアルプホルンが、最近なんだか大活躍。

  家でフレンチホルンがスネてそう。
 
 
  



 
流木拾ったどー! ・・・じゃなくて、アルプホルンです。
d0121960_20325453.jpg

 
 
 
  
 
 
砂浜でフォルクローレの音モダチを見つけて、一緒に音遊び。
d0121960_2038574.jpg

 
 
 
 
 
 
風のステージ。インディアンのテントの中に、スイスのアルプホルン。
d0121960_20395917.jpg

 
 
 
  
d0121960_2042475.jpg

 
 

  森で生まれた楽器を、海へ持って来て

  ほどよい風と小雨を浴びながら、空へ向かって吹く。

  自然が作った楽器と、地球が作った身体で、音をつくるんだよ。
   
  うぉ〜! まさにアースじゃぁぁ.+☆。
  
 


  環境がテーマということで、いつもの紙芝居で

  根曲がり間伐材を使ったアルプホルン作りが

  静かなブームになっています・・・という事もお伝えしました。
   
 
   
  被災地の事も、少し報告させていただきました。
  
  私たちは、地球にこびりついている 小さな小さな微生物です。

  自然には絶対かないっこないです。

  だから、地球と上手に生きて行かなければなりません。
  
 
 
  地球の中に 居させてもらっちょるんです。
   
 
 
  
 
 
d0121960_2049176.jpg
お子さんはバズィングがお上手。いっぱい音がなったね! nobuさん写真ありがとう。
 
 
  


音モダチのアースデイのレポート【アルコイリス】
 
http://arcoiris007.blog33.fc2.com/blog-entry-916.html



 
  
 
 
 
by ol-_-ol-3-3-3 | 2012-04-21 20:57 | ・演奏 ─ イベント
【山口】音屋のピクニック 2012/4/14 
 
 
 
 
  下松市の米泉湖 野外ステージで

  『音屋のピクニック』というイベントがおこなわれました。
  
  主にバンドやアコースティックの方々のライブ。

  私もなんと、アルプホルンで参加させていただきました。
  
 

  晴れて良かったね!! 桜も満開で お花見客もぶちいらっしゃった。 
  
 
 
 
d0121960_2032088.jpg

 
 
 
 
d0121960_223118.jpg

 
  

  本番前にウォーミングアップ。今日は野外だからアルプホルンのみで出演。
  
  吹いていると、通りすがりの人々が必ず 二度見をしてくださいます。

  どうもありがとうございます!
  
  
 
  桜と木々に囲まれ、なんとなくアルプちゃんも嬉しそう!

  ぶち綺麗だねぇ〜.+☆。
  
 
 
 
 
 
d0121960_2035443.jpg

 
 
 
 
d0121960_2082012.jpg

 
 
  
 
 
 
会場には、インスピレーションでお絵描きする人もいたよ。
 
いいね!いいね! ぶち楽しいね。
d0121960_20124493.jpg

 
 
 
 
 
 
蔵田の出番終了後は、アルプちゃんの体験コーナーだよ。
 
皆さん ほとんど音が出ました! さすが音楽人。スゴーイ!
d0121960_20152948.jpg

 
  

  ぷっこらぷっこら音を出していた ギターの“がっちゃん”と

  音モダチになりました。 
   
   
  今からギターをやろうとしている皆さん、

  彼曰く、『ギターをやるならアルペジオから入れ!』だそうです。
   


  歌がオンチな皆さん、

  『空気に触れたあとの自分の声をよく聞け。

  バケツをかぶって練習するんだ!!』だそうです。
    
 
 

  色々と教えてくださいました。
 
  
     
 


 
ギターの がっちゃん。 アルプのアルペジオもお上手でした。元トランペッター。
d0121960_20164940.jpg

 
 
 
  
 
 
今回の音屋のピクニックを仕切ってくださったCrazy Minnieの皆様。
d0121960_20263636.jpg

 
 
 
 
 
 
お絵描きが完成したようです!! きれい.+☆。
d0121960_20281194.jpg

 
 
 
 
d0121960_20292071.jpg

 
 
  
  バンドは今まで経験した事ないし、ライブも見に行った事ないし

  ギターの事やら音響の事やら、全く未知の世界。
    
  このようなバリバリのバンドマンの皆さんに まぜていただく事も初めてで

  『私って場違いじゃないんかな』と心配だったんですが
   
  気さくに話しかけてくださったり、色々と教えてくださったり。
 
   

  お歌をうたう人や、弦楽器の音モダチが増えて

  ぶち嬉しい蔵田です!!
 
  

  今日は遊んでくださってありがとうございました!
  
  また遊んでくださいネ.+☆。 
 
 
 
 
 
 
 
 
by ol-_-ol-3-3-3 | 2012-04-14 20:36 | ・演奏 ─ イベント
【愛媛】済生会松山 2012/4/12
 
 
 
 
出張演奏の旅 in 愛媛。 とうとう最終日になっちゃった。
   
特別養護老人ホーム済生会松山 (松山市)のデイで演奏させていただきました!
d0121960_21591715.jpg

 
 
 
  
 
 
壁面を作ってくださって有難うございます!ぶちかわいいです.+☆。
d0121960_21593425.jpg

 
 
 
  動物クイズではすごく盛り上がり、皆さん大爆笑してくださいました。
    
  
      
  
  日本の歌や童謡では、太くて大きくて通る声の方々が多くて

  合唱団と共演しているみたいでした!ビックリ☆
   
  あとから職員さんに聞くと

  カラオケや詩吟をしていらっしゃる方々が多いのだそうです。

  なるほどぉぉ!! 
  
  

  
 
  
d0121960_2235183.jpg

 
 
 
  質問コーナーでは、今日も素晴らしい質問が!!
   
  『ホルンの右手は、どうなってるのか?手の形をかえているのか?』
   
 
 
  皆さん、細かいところまで観察してくださっていて

  もう感動でしたよ私!
 
  ホルン吹きが喜ぶような質問を、どんどんしてくださいました。
  
  
 
   
  もう帰ってしまうの?という おばあちゃんの質問も

  すごく嬉しかったなぁ〜(笑)
     

   
    
  
 
 
 
 
利用者の皆様と記念写真を撮って終了。 職員さんとも撮りました。イエ〜イ!!
d0121960_22115286.jpg

   
   
 
  帰り際、利用者のおじいちゃんに

  『また絶対来てね!ありがとう!』という嬉しいお言葉と共に

  おじいちゃんが描いた素晴らしい絵をいただきました。
   



  パピヨンの絵すごいよ。かわいいよ。

  弟子にしていただきたいです! 
  
 
  おじいちゃん、皆々様、本当にありがとうございました.+☆。
   
  
  

  
 
    
d0121960_22191227.jpg

 
  
 
  人のあたたかさに触れた愛媛の旅。

  いっぱい笑った愛媛の旅。

  おいしいもの食べ過ぎて太った愛媛の旅・・・。
  
  
 
  
  愛媛大好き。絶対また行きたいです! ありがとう.+☆。
    
  
 
   

 
 
 
 
み〜な〜み〜せと〜ない〜かいぃぃぃぃ〜♪♪ (←防予汽船のうた)
d0121960_22272772.jpg

by ol-_-ol-3-3-3 | 2012-04-12 22:30 | ・演奏 ─ 老人施設
【愛媛】アテーナ 2012/4/11
 
 
 
 
こんにちは。松山で楽しく過ごしている蔵田です。
 
道後では、こんな素敵なカフェでのんびりしたり・・・
d0121960_2018524.jpg

 
 

  
 
 
とべ動物園では、運良くシロクマのピースくんが出て来てくれたのー!
d0121960_20182063.jpg

   

 
 
 
 
動物園のスネークハウスにあった、エサ金魚についての張り紙。
 
下の小さい字の部分、無駄な殺生・・・。 考えさせられますね。
d0121960_20203529.jpg

 
 

。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。

 
   
 
  

今日は、特別養護老人ホーム アテーナ(松山市)で演奏。
 
広〜いロビーに、利用者の方々がたくさん聴きに来てくださいました。
d0121960_20301663.jpg

 
 
 
 
 
 
ホルンの他にも、色々な楽器を持って行くのです。
 
ウッドブロックとビブラスラップの音に 皆さんビックリ!! 目がまん丸でございました。
d0121960_20303628.jpg

  
  
  
  
d0121960_20305020.jpg

 
 
  演奏後には 折り紙のプレゼント。
 
  この時にはステージをおりて、皆さん一人一人と間近で笑顔の交換ができます。
 
  私の大好きな時間です。
 
  

  お部屋に戻ったけど、お話と握手がしたいからと
 
  再びロビーに戻って来られた方もいらっしゃって、すごく嬉しかったです。
   
   

  音楽を通して、様々な人と交流をもつ事ができてドキドキわくわく。

  そして毎回、喜びと 刺激と 学びがスゴイんです。
    
   

  
  本当に本当に、有り難うございます。
  
  皆さんのお元気な歌声と 優しい笑顔に、こちらも元気100倍!!
 
 
 
 

   
d0121960_2057936.jpg

 
 
アテーナのブログ【介護長のつぶやき】
  
http://ameblo.jp/ate-na/entry-11220406308.html

 
 
 
 
 
by ol-_-ol-3-3-3 | 2012-04-11 21:00 | ・演奏 ─ 老人施設
【愛媛】済生会姫原 2012/4/9
 
 
 
 
ただいま愛媛県松山市におります!! 演奏旅行です。フェリーに乗って松山市へ・・・
    
近所からフェリーが出ているので、四国まで ぶち近いんですよ。
d0121960_2018662.jpg

 
 

  今日は、済生会姫原(松山市)で演奏させていただきました!
  

 
  演奏前に、棒を使った体操。すごーく面白かったです。
  
  新聞を丸めた棒で、たくさんの種類の体操ができるんですね!!
 
 
 
  棒を立てて下のほうを持って、パッと放して真ん中でつかめるかな?






d0121960_2021163.jpg

  
 
 
 
d0121960_20223567.jpg

 
 

 
  皆さんとってもお元気でした。ずっと笑顔!!
 
   
  
  質問もたくさんしてくださいました。
  

  『どのくらい おけいこしてるの?』『長いのは、たためるんかね?』
  
 
 
    
  そして・・・
  
  『何でホルンは音の出る所が後ろを向いているのかね?』って

  良い所に気がついてくださった方も!すばらしいです.+☆。
   
     
 
 

  山口弁と伊予弁の話でも 盛り上がりましたよ〜!
  
  松山では、ありがとうの事を『だんだん』って言うらしいです。


  島根県と同じだぁ〜!
 
 
 

   
d0121960_20323496.jpg

 
 
 
  アンコールのアルプホルンでは
  
  おじいちゃんがフラフラ〜っと、前に出て来てくださって・・・


  
 
  思いっきり気持ちを表現してくださって、ぶち嬉しいです!イエ〜イ!!

  これアンコールの演奏中です(笑)
  



d0121960_20324692.jpg

  
 
  
 
 
 
終演後には、ありがとうの気持ちを込めて折り紙をプレゼントしました。
 
そして、アルプホルンにもたくさん触れていただきました!
d0121960_2129423.jpg


 
  
 
。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。
  
 
 
 
  演奏後は、松山市内を観光。
   
 

  路面電車が通っているし、一方通行があちらこちらにあるし

  慣れない道で 冷や汗かきながらも 松山城に到着。
 
  
  桜が満開でした! モコモコ咲いてた.+☆。
  
 
  
 

d0121960_20443021.jpg

 
 
 
 
d0121960_20444379.jpg

 
 
 
  明日は、松山在住の音モダチに べったりお世話になります。
 
   
 
  とべ動物園に行ってくるのだ。
    
  赤ちゃんがたくさん生まれてるよって

  老人ホームの職員さんが教えてくださったの。 行かねば〜!!
 
 
 
  

d0121960_20445643.jpg

 
by ol-_-ol-3-3-3 | 2012-04-09 21:34 | ・演奏 ─ 老人施設
【山口】たぶせ桜まつり 2012/4/8 
 
 
 
 
晴れた〜!サクラ満開じゃ〜!ぶち最高!!たぶせ桜まつりに出演しました.+☆。
   
毎年、道路が混んでいて人もたくさん。以前から気になっていたイベントでした。
d0121960_1805338.jpg

    
   
  イベント会場付近の河川敷には、花見客がいっぱ〜いなのです!!
   
   

  アルプを背負って歩いていると、『ヘンな姉ちゃん来たで〜!』と
   
  たくさんの酔っぱらいの方々から声をかけられました。


 
  ありがとうございまーす!
  
 
 
   
  
d0121960_1802177.jpg

 
 
 
 
 
  
音モダチのバーベキューを見つけて乱入しました。
d0121960_1825810.jpg

 
 
 
 
 
 
ウェイウェ〜〜イ!! 演奏前にみたらし団子 もろーたよ。 楽しいねぇ!!
d0121960_1815282.jpg

 
 
 
 
 
 
お腹いっぱいになって会場へ。 わお〜! すんごいお客さんだぁぁ〜!
 
露店もいっぱいあって、ずごく賑わっていました。
d0121960_1811284.jpg

 
 
 
  
 
 
『息せき切って』『アメージンググレース』を演奏させていただきました。
d0121960_18123786.jpg

    
  演奏後には、たくさんの方々が話しかけてくださったり

  楽器にも触れてくださったり。



  舞台裏では、よさこいスタンバイ中のお姉様方にも

  たくさん可愛がってもらったアルプちゃんでした。
    
  木管楽器をやってます!っていう中学生たちも来てくれました。

  アルプホルンは木製だけど金管楽器。ざんねん!((笑))
  
  


  今日は新しい出会いもあって、すごくワクワクな一日でした。
  

 

  
  
 
  
by ol-_-ol-3-3-3 | 2012-04-08 16:29 | ・演奏 ─ イベント
震災を忘れない2012 春 ③【岩手】
 
 
 
 
  気仙沼市から 大船渡市へ移動。
    
  
  
  線路は復旧のメドが立っておらず・・・

  もう電車は通さないという話になっているそうですね。

     

  不便だなぁ、困ったなぁ〜って思うけど
  
  その不便さを感じるのも大切なのかもしれない。 

  被災地にいるとね、自分が住んでいる世の中は便利すぎるって思う。
  
 
  
   
   
       
  大船渡市から、お友達が迎えに来てくれました。
 
 


  道中の陸前高田市で見た『奇跡の一本松』
  
  ここには2キロにわたって数万本の松が生えていたらしい。

  震災で、たった一本だけ残った松です。
    
  

 
 
d0121960_188947.jpg

  
 
 
 
 
 
大船渡市に着くと、気仙沼市よりもガレキが綺麗に片付けられていました。
  
津波で一階部分が浸水した お友達の家。未だに大工も不足しており修復に至っていません。
d0121960_1816388.jpg


 
   
  被災当時の事を話してくれました。
 


  まず津波が来た翌日、すぐに自衛隊と米軍が駆けつけてくれたそうです。
 
  「すぐにガレキを避けて道を作り、物資を運んでくれた自衛隊に凄く感謝している」
 
  と、しきりに言っていました。
   
 
 
 
  物資を確保するのを苦労した方々もたくさんおられるようです。
 
 

  家が半分残った人も、家が全部流された人と同じ被災者です。

  でも避難所に物資をもらいに行くと

  「あなたの家は残っているのに何で物をもらいにくるのか」

  「家が全壊した者のほうが先だ」
   


  物資を巡っての全壊した人と半壊した人の妙な壁。差別。

  そんな被災者同士の言い合いが あちらこちらであったみたいです。
   
  
 
 
  物が手に入らない人達は、やがて物取りになります。

  長い棒で人の敷地のガレキを探ります。

  もちろんそれは泥棒になります。でも不審者に思われて警察に問われても

  「ここは私の敷地なんだ。物を探しに来たんだ。」と嘘を付きまぬがれる。

  そんな、なりすましが続出したそうです。

  そうして、家の金庫が盗まれ続けたそうです。
  
  
  
  仮設住宅での新たな暮らしを始め

  隣近所と気軽に声を掛け合える繋がりを作りたいけど

  全壊した人と半壊した人とでは考えも悩みも思いも微妙に違うので

  声を掛けづらく、気も遣う。
  
  色々な仮設住宅を巡りましたが、そうおっしゃる方々が多いです。
   
 
 
  テレビでは『絆、きずな』としきりに言っていますが

  本当の絆が生まれるまで、心の底からの笑顔になるまでには

  まだまだ時間がかかりそうだというのが、私の正直な感想です。
 
 
  

 

。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。

  

  

 
仮設住宅に案内してもらいました。身体障害者専用の仮設です。玄関はこんなスロープ。
d0121960_18292272.jpg

 
 
 
  
  バリアフリーを期待していたんですが、お部屋を見せてもらってビックリ。
 

    
  風呂場の段差が・・・ す す すごいんだよぉぉ〜
   
  浴槽も、すんごい狭かったよぉぉ〜   
 


  でも、言いにくいとか、言っても直してくれないとかで。
 



  車椅子のおじいちゃんは、仮設のお風呂は危険だからって

  デイサービスを頼んで、お風呂入りに行ってるんて。
   
 
  これは・・・私でも転んじゃうなぁ。
 
  
 
  


d0121960_18322359.jpg

 
 
 
  今回、訪問させていただいた身障者仮設は公園の中に建っています。
  
  このように小規模仮設で、5家族が住んでおられます。
 
   
 
  
  
  朝から、支援員さんが帰る夕方5時まで

  談話室でずっとお茶会がひらかれているみたい。
  
  談話室でお茶をいただいていると

  『おはよう〜!』って、次々に皆さん来られるんです。 
  
 
 
  皆さん本当に仲が良いんですよ.+☆。
  
  
 
  
 

  
談話室の壁には、お誕生会や タコ焼きパーティーなどの写真。
d0121960_18493332.jpg

 
 
 
 
  
 
支援員さんお手製の『がんづき』をいただきながら 毎日こんなかんじ!楽しい!
d0121960_18505397.jpg


  
 
  この場で、演奏させていただいたのです。
    
  
  30分ぐらい、ホルンの音色を楽しんでいただきました。
  
 

  最後に『ふるさと』
 
  正直、選曲の時に 演奏しようかどうか本当に迷った曲なんです。

  でも、あえて演奏させていただきました。
  
    
  

  ふるさとを歌いながら、泣かれていたおばあちゃん。
     
  『全部流れたけどねぇ、ふるさとは無くなったけどねぇ

   思い出はあっからねぇ・・・』
   
  

  そのおばあちゃんの言葉に、周りの皆さんも うんうんって

  うなずかれていました。
 
  
 
  

 

小さなお部屋でも、このように どうにかして吹きます。全然問題ないです。
d0121960_185966.jpg


  
  仮設の皆さんから

  『津波てんでんこ』という言葉を教えていただきました。
  
  津波が来たら、取る物も取り敢えず、肉親にも構わずに

  各自てんでんばらばらに一人で高台へと逃げろ。

  自分の命は自分で守れ。

  他人を助けられなかったとしても、それを非難しない・・・という意味だそうです。
 
 
   
  
  『通帳を取りに帰った人や親を助けに行った人は

   みんなやられちゃったよ。』
  

  『津波って綺麗な水じゃないからね。ヘドロだからね。

   飲んじゃったと同時に動けなくなって死んじまうんだ。』
  

  『畳ってのは浮くんだね。

   私は首まで浸かったんだけど、畳で助かったよ!』 

   
  『海が引いたら、すぐに津波はやってくるんだよ。』
  

  『この災害で、身障者はどうやって逃げて助かったのか

   データを集めている最中で、いずれは本にしたいと思ってる。』
    
    
  

 
    
  がんずきを食べながら、時には笑いながら、そして泣きながら

  色々なお話を聞きました。
   
 
  『とにかく津波がくるまでに少し時間があるから

   その間に高台に逃げなさいよ!絶対に逃げなさい!』と。 
    

  これを帰って一番に 周りの人に伝えなさいと。 
 
 
   

  不便な暮らしの中で、笑いながら

  そして助け合いながら生きていらっしゃいました。
  
   
  
  
  
 
d0121960_19163074.jpg


 
 
  4泊5日の被災地訪問を終え、1日かけて新幹線で帰宅。
   

  
  帰りの新幹線は、強風のため途中で止まってしまいました。
  
  1時間ぐらい停止したかな。

  昼ご飯を買う暇がなくて大変だったけど・・・
   
  支援員さんが持たせてくれた大量のがんづきで、空腹を満たす事が出来ました。
  
 

  
  東北の皆さんの、おもてなしの心

  そして、ふるさとを愛する気持ちって、本当にハンパなかったです。
   
  すごく あたたかかったです。ありがとうございました。
   


  東北も、あと少しで春ですね.+☆。
 
 
   
 
 
 
 
 
 
by ol-_-ol-3-3-3 | 2012-04-03 19:29 | ・演奏 ─ 震災を忘れない
震災を忘れない2012 春 ②【宮城】
 
 
 
 
宮城県気仙沼市のグループホーム みずなしの丘。
 
約20名の利用者さんの前で演奏させていただきました。
d0121960_10572563.jpg

   
  

  金魚の折り紙をプレゼント。
   
 
  なぜ金魚かというと・・・

  私の住んでいる所の隣町の柳井市が『金魚提灯』で有名だからです。
  
  提灯のように飾っていただけるように、ヒモも付けました。
   
 
 
    
  風にゆられ、ダンスする金魚を見ながら

  一緒に共有した時間を、また思い出していただけたら嬉しい.+☆。
  
  
 
   
 
d0121960_10583595.jpg

 
 
 
 
d0121960_1059033.jpg




。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。




  三陸新報社の玉谷さんに

  気仙沼市と南三陸町の被災地を案内してもらいました。
  
    
 
  『心が折れる場所にたくさん行くから覚悟しておいてください』との事。
    
  その場その場でのストーリーがあるのだと。

  それを伝えたいから、それをまた帰って色々な人に伝えていってほしいから

  あえて案内するのだと。
   
 
 
 
  がれきがなくなった灰色の平地の真ん中に

  巨大な漁船がポツンと座っていました。

  テレビによく映る「第18共徳丸」です。
   
  周りの建物が流されてしまっていたので、この巨大な船は特に目立ちます。

  船は撤去せず、モニュメントとして保存するのだそうです。
 

 
  その側には看板が立っており

  写真撮影の際は配慮してどーのこーのと書いてありました。
   
  周りには観光客がたくさん。(私もその一人なんでしょうが…。)
 
 
 
  
  灰色の平地を背景に、笑顔で写真撮影をする人々。

  何台もすれ違う観光バス。

  仮設商店街で元気な人たちにたくさんお会いし、こちらもパワーをいただき

  笑顔になったことろで敷地から出てみれば、向こうにはガレキの山・・・。



  建物がないから、風もすごく強いんだ。
  
  被災地は、なんとも言えない複雑な光景が繰り広げられていました。
   
  
 
 
  魚市場の屋上、火災の発生した鹿折地区、

  避難者を守ってくれなかった高台の神社、

  思い出の写真とともに献花台が設置されたボロボロの老人ホーム、

  南三陸町の防災対策庁舎、はまゆり大橋・・・
    
  
  たくさんの場所を案内してくださり

  それぞれの場所で、津波が来た時のお話を聞きました。
   
 
  
 
 
  
 

唯一 撮った被災した建物。ずっとシャッターが押せない気持ちだったので…。
  
南三陸町の防災対策庁舎。もうずぐ取り壊すそうです。
d0121960_11145893.jpg

  
   
  今回、色々な場所を訪れ

  言葉にできない気持ちや防災意識を感じてきましたが

  一番心に焼き付いているのは、被災された方々の“様々な笑顔”です。
  
    

  『主人が流されたんです。』『弟が流されたんです。』
     
  皆さん、そのような話をしてくださる時って

  共通して笑顔なんです。
     
  
  
  『パパとママはねー、どこかに泳いで行っちゃった。』
 
  子どもも駆け寄って来て、すごい笑顔でそう言うのです。

  特に子どもには、返す言葉も見つかりません。
   
 
 
  
  
  なんで笑顔でお話ししてくださるのかな・・・
  
 
 
 
  その笑顔を見て

  テレビとかマスコミとか、現地入りしている私らみたいな人が

  皆さんをそうさせてしまっているのかな

  気を遣わせてしまっているのかな・・・と
    

  心の中で、自分を責めました。
   
 
 
  
  
    
  案内してくださった三陸新報社の玉谷さんのメール -----------------------
   
     
  お疲れ様でした。
  いろんなことを感じたでしょう。
  大きなくくりで言うと「自然災害の恐ろしさ」が身に染みたのではないでしょうか。
  気仙沼の人達はこれからも、がれきの町での不自由な生活を強いられます。
  でも仕方がないことなので泣いたり、笑ったりして
  苦境を乗り越えようとしています。

  亜由美ちゃんは平和な山口に戻るけど
  自然災害はその平和な暮らしを突然奪います。
  一人でも多くの人が危機意識を持つように、
  被災地のありのままの現状を伝えてください。
 
  また来てね!待ってるよ!!
  

  ------------------------------------------------------------------------
  
  

  何もなくなってしまっても、ガレキになってしまっても

  以前と違う風景になってしまっても

  『ふるさと』には変わりありません。

  皆さん、前を向いて必死に生きていらっしゃいます。
   
   
 
  
d0121960_11294298.jpg
 
by ol-_-ol-3-3-3 | 2012-04-02 11:50 | ・演奏 ─ 震災を忘れない
蔵田亜由美の音楽活動ブログです。フレンチホルンとアルプホルンを吹きます。フリーで活動中。病院、施設、飲食店、イベントステージなどに出演しています。