by ol-_-ol-3-3-3
【沖縄】東雲の丘 2016/6/25
 
 
 
 
  蝉の鳴き声が 本州のより野太いなぁ。
 
  沖縄のお墓は お家みたいで、本州のより怖くないなぁ。
 
  お地蔵さんが全然ないなぁ。
  
  普通に砂浜にサンゴが落ちていて すごいなぁ。
   
 
 
  何だか名前の分からない花が たくさん咲いているなぁ・・・
  
 
 

d0121960_1859326.jpg

  
   
  
 
 
 
何故かコレの名は知っている!沖縄の言葉で「ちびかたまやー」

便秘で尻が詰まるという意味よ。昔はトイレ後これで拭いていたらしい。
d0121960_190374.jpg

 
 
 
 
 
 
気温33度の中、黒い服でウロウロすると さすがに・・・煮えるなぁ。
d0121960_1982430.jpg

 
   
   
  演奏前は、ディアンドルでウロウロしています。
    
  さすがにディアンドルのままだと可笑しいので、黒い上着を羽織って隠しています。
 
  春夏秋冬ずっと、どこへ行ってもです。
  
 
  出番直前に会場で着替える・・・というのが どうしても面倒で。
 
  そのぶんセッティングに時間をあてたくて。
 
  演奏後は さすがに着替えますけどね!

 
  
 

   
 
  今日は東雲の丘(沖縄県南城市)を訪問。
   
  
  特別養護老人ホーム、グループホーム、デイサービス、
 
  居宅介護支援事業、ユニットケアホーム等を展開している
   
  丘の上の大きな総合福祉施設でした!
 
 
 
  そして託児所も併設されています。0歳〜100歳までの人が集うんですね〜!
   
  今日の演奏会も、利用者さんと一緒に
   
  小さなお子さんも参加してくれました。
  
  
 
  
  利用者さんが、じわりじわりと集まってくださいます。
  
  とても嬉しかったのが、席が前から埋まっていった事!
   
  特等席だぁ〜と言いながら積極的に前から座ってくださいました。

  
 
 
 
d0121960_19105289.jpg

 
 
  お子様からご高齢の方までが楽しめるプログラムを組んで行きましたが
 
  どうしても大人にしか分からない曲もあります。
  
 
  45分間と結構長い演奏会でしたが・・・
  
  子どもたち、最後までニコニコで聴いてくれていました!
  
  大人しか分からない曲の時にも、パチパチ手を叩いて聴いてくれていました。
  
  
  
  抱っこされていた小さなお子さんは、なんと・・・みんな寝てしまってた!(笑)
 
  ホルンの音色、心地よく感じてくれたのかな。
  
 
  今までの演奏会でも赤ちゃんが熟睡という現象、
  
  よ〜く起こってきています。何かあるんでしょうね。
  
 
 
 
 
 

d0121960_19124736.jpg

 
 
 
 
d0121960_1913988.jpg

 
 
 
 
d0121960_19133875.jpg

  
 
 
 
 
   
利用者さんも、笑顔の素敵な方々ばかり。
  
子どもさん、利用者さん、職員さん、蔵田。みんなが いっぱい笑っていました。
d0121960_19144076.jpg

 
 
 
 
d0121960_1915911.jpg

 
 
 
 
d0121960_19153131.jpg

 
 
 
 
d0121960_1917113.jpg

 
 
 
 
 
 
写真が撮りたい〜と来てくださった方。有難うございます.+☆。
d0121960_1917397.jpg

 
 
 
  こちらの施設の課長様、
 
  沖縄で音楽療法を広げるための仕組みづくりを、真剣に考えておられました。



  私は呑気に楽器を吹いているだけの人なので
 
  療法的な事はお勉強した事がなくて分からないのですが・・・
 
  日本ではまだ音楽療法に対して
 
  専門分野としての地位が確立されていないんだろうなって事は

  なんとなく感じております。
   
  

  これからの時代、音楽療法の必要性は更に高まっていくと思いますので
 
  もっともっと身近なものになるといいですね。
  
 
  ちなみに日本で一番音楽療法が盛んなのは 岐阜県だそうです。
  
 
  
 
 
 
 
。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。

 
  
 


施設の演奏が終わり、絶景スポットのニライカナイ橋を通って・・・
d0121960_19185926.jpg

 
 
 
 
 
 
斎場御嶽(せーふぁうたき)に行きました。沖縄の七御嶽の中で、最も格の高い聖地。
d0121960_19193965.jpg

 
 
  ウチナーグチ(沖縄の言葉)に漢字はありません。
 
  攻めてきた薩摩藩にヤマトグチ(標準語)の漢字を当てられたのです。
 
  無理矢理っぽい当て字なので「せーふぁうたき」とは読めませんよね。
   
   

  沖縄では女性全般に特別な力が宿ると信じられてきました。
   
  死者は土に返る・・・という考えではなく
 
  生まれた場所へ返るという考えなのだそう。
  
  だから沖縄のお墓は子宮の形(家みたいな形)なのです。
 
 
 
  そして斎場御嶽のこの岩も女性なのだそう。
  
  
 


d0121960_19202792.jpg

 
 
  ・・・という事は、わかったぞ!!
 
  この有名な三角のトンネルは 私たちが生まれてくる通り道という事ですね。
 
 
  なるほど。
 
 
 
 
 
d0121960_1921477.jpg

  

  祈るとき…
  
  神社みたいに手をパンパンと叩いたり
  
  指先を上に向けて手をあわせたりしがちですが
 
  コレは斎場御嶽ではタブーです。
 
 

  琉球信仰の理想郷はニライカナイと言って
 
  遥か海の彼方にあると信じられています。

  
  手を合わせて祈る時、指の先は自分の前方(海)に向けます。
 
  線香も立てるのではなく横に寝かせます。
 
 
  沖縄以外の私たちの理想郷(極楽浄土)って天ですよね。
 
  だから手を合わせる時、指の先は天に向いているし
  
  線香も天に通じるように真っ直ぐ立てます。
 
   
 

  ニライカナイ信仰、先祖崇拝が強い沖縄。
  
  その風景には お寺もないし、お地蔵さんもいない。

  だんだん分かってきました沖縄。
 
 
 
  
  ここは世界遺産に登録されてからは知名度が一気に上がって
   
  大勢の人が訪れるようなになりました。
  
  パワースポットとして紹介されてはいますが
 
  大切な聖地、祈りの場です。
 
 
  ガイドさんに正しく案内してもらう事をオススメします。
  
  約1時間、詳しく説明してくださいます。
 
  蔵田も案内していただきました。よかったです!

 
 
  
  

 
by ol-_-ol-3-3-3 | 2016-07-04 19:22 | ・演奏 ─ 老人施設
<< 【沖縄】デイサービスいちまん ... 【沖縄】乙羽園 2016/6/24 >>
蔵田亜由美の音楽活動ブログです。フレンチホルンとアルプホルンを吹きます。フリーで活動中。病院、施設、飲食店、イベントステージなどに出演しています。