by ol-_-ol-3-3-3
出演予定
+++++++++++
  
茶色の文字
観覧可能な演奏です
 
ホームページのほうに
詳しく載せています
 
+++++++++++


 5月6日(土)
 広島県尾道市
 音楽と風景
 商店街街角コンサート
 出演12:00桂馬さん前
  14:00コモンさん前
 観覧無料
 (アルプsolo)

 
 5月9日(火)
 山口県岩国市
 老人施設
 (フレンチ.アルプsolo)
 
 5月11日(木)
 山口県下松市
 お寺コンサート
 (フレンチ.アルプsolo)
 
 5月13日(土)
 山口県柳井市
 うずしおまつり
 大畠総合センターにて
 出演12:45〜12:00
 観覧無料
 (アルプsolo)

 
 5月24日(水)
 山口県光市
 老人施設
 (フレンチ.アルプsolo)
 
 5月27日(土)
 山口県防府市
 ふれあいサロン
 (フレンチ.アルプsolo)
 
 5月28日(日)
 山口県宇部市
 宇部空港
 にぎわいフェスタ
 出演13:00〜13:40
 観覧無料
 (フレンチ.アルプsolo)

 
 
【東北ツアー2015 夏】 山形県・宮城県
 
 
 
 
  東北地方、1週間の旅から帰ってきました。
  
  この度も東北の皆さんには大変お世話になりました。
   
  書く事がいっぱいあって、何から書いていいのか・・・
  
  長文になりそうですが、今回の東北の記事は無理やり
  
  前編と後編の2回にまとめようと思いま〜す!えええ〜っ!!!
    
      
    
  最近の蔵田、東北に関しては被災地慰問というより
      
  観光という方向へ少しずつ心をシフトチェンジしています。
 
  演奏に関しても『被災地の施設慰問』ではなく 『施設慰問』として。
  
  完全シフトチェンジではありません。
 
   
     
  向こうで見た事や聞いた事は、今までと変わらず
  
  できるだけ伝えていきます。これからもずっと。 
     
 
 
 
 
    
    
 
というわけで1週間の旅でしたが、今回の演奏は2会場。あとは がっつり観光にしました。
 
仙台空港に着いたよ〜!天候不良で機体が揺れまくり。何度乗っても飛行機は怖いっ
d0121960_21135939.jpg

 
  
  飛行機の旅、楽器と一緒バージョンには すっかり慣れました。
  
   
         
  フレンチとアルプは機内に持ち込めないので
  
  飛ぶ前にセキュリティーチェックに通して カウンターで預ける手続きをします。
  
 
 
  フレンチホルンはハードケースなのでそのまま預けるんだけど
       
  アルプホルンはソフトケースなので
 
  取扱注意の青いケースに入れてくれます。(ANAの場合)
  
  取扱注意の赤いタグも付けてくれます。 
 
  そして『壊れても訴えないです!』みたいな書類にサインして離陸。
  
  あとは到着後、手荷物受け取り所へ進んで、無事に壊れず手元に戻ってくるのを待つだけ。
  
   
    
 
 

  楽器たち。ご無事でなにより。
   
 
  
  
d0121960_2115457.jpg


    
 
  じつは今回は 「ひとり旅」ではありません。
   
  旦那さんと一緒の旅なのです。(←あら!めずらしい!)
  
  
  
  震災がきっかけではありますが、
  
  蔵田は東北にお知り合いがたくさんできました。
    
  いつもお世話になっている方々のところへ、夫婦で観光しながら逢いにゆくのです。
 
  山形県や宮城県をウロウロして、グルメや観光三昧の予定。
   
     
   
 
 
  
 
  Vol.1 〜山形県の森の中〜の巻
 
  
  仙台空港でレンタカーを借りて、まずは山形県の飯豊(いいで)町へ。
  
  美しいやまがたアルプホルンクラブの神尾さんに逢いに。
 
  『山形の父ちゃん』と呼んでいます。いつも有難うございます。 
  
 
 
  山形滞在中の宿は、飯豊町の森の中の別荘(神尾さん所有)をお借りし
  
  晩御飯も神尾さんオススメ、すぐ近くの農家レストランで。
  
   

  自然派プランを立ててくださっていて、とても助かりました。
  
  『るるぶ』は全く要りませんでした。
  
  地元の事は 地元民に聞け!ですね。
   
  
   

 
 
 
    
飯豊町にある雪室(ゆきむろ)を見学。これ、自然の冷蔵庫なんです!
 
窓みたいな所が全部開いて、そこから除雪車みたいなので雪を飛ばして入れて・・・
d0121960_21173548.jpg

  
 
 
 
 
 
室内の壁に雪が敷き詰められるという仕組みになっていて
 
雪の冷気を循環させて室内を2度ぐらいの温度に保ちます。まだ雪が残っているのがスゴイ!
d0121960_21175884.jpg

  
 
 
 
 
 
お酒とか、お米とか・・・色々なものを貯蔵しておける地元の皆さんの冷蔵庫!!
d0121960_21183161.jpg

  
 
 
 
 
 
ちなみに農家レストランでは、雪室でねかせたじゃがいもをいただいたんですが

さつまいものような甘さで超美味しかった!!雪の適温と湿度で糖度が2倍になるそう。
d0121960_21185565.jpg

  
  
 
 
 
 
これは『菅(すげ)傘』の菅を干しています。山形の花笠まつりにも使われています。

まつりの傘のほとんどが、ここ飯豊町の中津川地区で作られているそうです。
d0121960_21192323.jpg

 

  飯豊町中津川の田舎暮らし・・・というか、山暮らしを堪能させていただきました。
  
  観光地巡りも良いですが、人々の暮らしに触れる旅もとっても面白いです。
  
 
  
  神尾父ちゃんや、農家レストランの船戸川さんのお話を聞いて 
 
  山で生きていく知恵をたくさん学びました。
  
  そしてワイン飲みすぎた・・・
  
 
   
 
 
  
  森の中の別荘では 毎朝
   
  聴いた事もない、これ何の鳥?!みたいな鳥のさえずりで目を覚ます贅沢。
 
 
  森の中で、緑に囲まれながら朝練をする贅沢・・・
   
 
 

d0121960_21212883.jpg

 
 
 
 
 
 
神尾さんが別荘まで朝ご飯を作りに来てくださった。男メシ美味しいです!
 
まだ旅の前半なのに、旦那さんと私は既に体重がおかしな事になっていました。むっちむち。
d0121960_2122755.jpg

 
 
 
 
 
 
そうそう、米沢市内ではもちろん米沢牛も堪能しました。柔らかくて口の中でとろけます。
 
なんと!米沢牛の40%が飯豊町で生産されているそうです。
d0121960_21223914.jpg

  
  飯豊町には『草木塔』もあります。
  
  大阪万博で展示されて、一気に全国に知れ渡った石塔。
  
  それから全国にちょこちょこと草木塔が作られたみたいですが

  元々の草木塔のほとんどは飯豊町に存在します。
  
 

  皆さん、山形は自然がいっぱいで美味しいものもいっぱいです。
  
  森では自然と共に暮らす方々のお話が聞けます。
 
  ぜひぜひ行ってみてくださいね!
 
  
 
  ※2012年の記事で草木塔のことをチラっと紹介しています →こちら
    
 
 


 
 
   
 
 
  Vol.2 〜宮城県気仙沼市では別行動〜の巻
 
  
  
  山形は自然にいっぱい囲まれて元気を吸収できた旅でした。
 
  旅の後半は、一気に宮城県気仙沼市まで北上します。
  
  山形県の下のほうから宮城県の上のほうなので、車で4時間かかります。
 
  でも途中まで無料の高速道路復興道路ができていて 
 
  とっても便利でしたよ〜。
   

 

  気仙沼に着くと、高崎ファミリーが『おかえりなさ〜い』と迎えてくださいました。
  
  こちらでの被災地慰問では、ホームステイさせていただいています。
  
  もう7〜8回お世話になったのかな。お世話になりすぎです。
    
  今回は旦那さんとお世話になります。いつも本当に感謝しています。
  
   
 
  美味しい晩御飯をいただいた後、ちょうど良いタイミングでお風呂が沸いて
  
  風呂上りには自家製酒の赤いお酒が
 
  ちょうど良いタイミングで出てくるのです。
  
  これを飲みながら高崎パパママさんとお話する時間が大好きです。
 
  
   

  さて、明日の気仙沼での予定ですが
 
  1日ほど夫婦で別行動の日を設けました。

    
  旦那さんは 高崎パパと化石探しへ行きます。
   
  気仙沼は面白い地形や地層がたくさんあり、化石もたくさん出るみたいで
 
  理系の人や研究者にとってはパラダイスなのだそう。 
 
  理系男子の旦那さんはワクワクしっぱなしです。
  
    
 
  私は、午前と午後と 施設で演奏させていただきます。
  
  旦那は海へ化石探しへ、嫁は山に演奏へ・・・(←昔話ふうに)
  
  
 
 
  
 
 
  
  はい、そして翌日です。
 
 
  まずは、気仙沼市から車で約1時間の南三陸町の施設へ。
  
   
 
  南三陸町の被害が大きかった場所は かさ上げ工事の真っ最中。
  
  見渡す限り、土の山。

  道も流されたり迂回したりして全然違うので、カーナビは役に立ちません。
 




d0121960_2128937.jpg

  
 
 
  そういえば防災庁舎・・・この辺りだったはず。
  
  何処だろう。見当たらない。


 
 
 
  ・・・あっ!! あった。
 

  こんなに低くなってる。っていうか、周りがそれだけ高くなったんだね。
 
 
  
 

d0121960_21285123.jpg

 
 
 
 
 
 
盛り土や かさ上げした間の低地に、それはポツンと立っていました。
d0121960_21292854.jpg

 
 
  庁舎前につながる狭い路に自動車が次々とやってきます。
  
  そのほとんどは、震災ボランティアや旅行者だと思います。
   
  
  
  南三陸町に隣接する自治体にも、
  
  津波の被害を伝える震災遺構はあります。
   
  存廃の是非を問う住民投票が行われて
  
  気仙沼市では陸地に残った第18共徳丸の解体を望む意見が過半数になって
  
  2013年の秋に解体となりました。
  
  児童・教職員84人が犠牲となった石巻市の大川小学校では
  
  保存を求める意見が多数あるんだそうです。
    
  
 

 
  この防災庁舎は震災から20年後にあたる2031年まで
 
  県有化されることになりました。
 
 
 
  献花台の辺りに80代ぐらいの地元のおじいさんがいらっしゃった。
     
  ほぼ毎日ここへ通って掃除をしているそうです。
 
 
 


 
 

  さて、演奏です。
   
  慈恵園(南三陸町)へ訪問させていただきました。
  
  
  従来の施設は東日本大震災の津波に見舞われました。 
 
  今は入谷という山側の地区に移設しています。
   
 
 
  
  移設して1年の、とても新しい施設でした。

 

d0121960_21311668.jpg

 
   
 
   
 
 
特養の入居者さんに聴いていただきました。
 
ずっとニコニコされて、手をぶんぶん振って指揮をなさっていました。
d0121960_21324335.jpg

  
   
 
 
d0121960_21335199.jpg

  
    
  
  
  
 
楽しく、穏やかに時は過ぎて行きました。
 
初めましての関係でも、音楽や楽器って不思議なもんで、心と心の壁を取っ払ってくれます。
d0121960_21331711.jpg


  東北の旅2015夏 後編へつづく。
 
 

  
by ol-_-ol-3-3-3 | 2015-08-18 21:35 | ・演奏 ─ 震災を忘れない
<< 【東北ツアー2015 夏】 岩... 2015.8.8. 大河内ふれ... >>
蔵田亜由美の音楽活動ブログです。フレンチホルンとアルプホルンを吹きます。フリーで活動中。病院、施設、飲食店、イベントステージなどに出演しています。