by ol-_-ol-3-3-3
出演予定
+++++++++++
  
茶色の文字
観覧可能な演奏です
 
ホームページのほうに
詳しく載せています
 
+++++++++++


 5月6日(土)
 広島県尾道市
 音楽と風景
 商店街街角コンサート
 出演12:00桂馬さん前
  14:00コモンさん前
 観覧無料
 (アルプsolo)

 
 5月9日(火)
 山口県岩国市
 老人施設
 (フレンチ.アルプsolo)
 
 5月11日(木)
 山口県下松市
 お寺コンサート
 (フレンチ.アルプsolo)
 
 5月13日(土)
 山口県柳井市
 うずしおまつり
 大畠総合センターにて
 出演12:45〜12:00
 観覧無料
 (アルプsolo)

 
 5月24日(水)
 山口県光市
 老人施設
 (フレンチ.アルプsolo)
 
 5月27日(土)
 山口県防府市
 ふれあいサロン
 (フレンチ.アルプsolo)
 
 5月28日(日)
 山口県宇部市
 宇部空港
 にぎわいフェスタ
 出演13:00〜13:40
 観覧無料
 (フレンチ.アルプsolo)

 
 
震災を忘れない2015 冬 【宮城】
 
 
 
 
  東北ツアー最終日は 『たすけあい つぼみ』での演奏。
  
 
  たすけあいつぼみは、

  気仙沼市水梨地区で立ち上がった有償ボランティア団体
   
  雪かき、草取り、掃除、お買い物、イベントの写真撮影など

  ちょっと手伝って欲しいけど、なかなか人に頼めない時ってありますよね。
     
  制度にこだわらず、誰もが助け合いながら地域で安心して暮らせるような

  誰もが気兼ねなく安心して利用できるような

  お手伝いやサービスをおこなっているそうです。
    
  
 
    
  一番の目的は 居場所をつくること
   
  
 
  今日は つぼみ主催、『恵方巻き作りとホルン演奏会』というイベント!!
 
  公民館に、地域の方々や隣接している仮設住宅の方々が集まりました。




d0121960_1829023.jpg

 
  
   
  皆さんとても楽しみにしていらっしゃったんだと思います。
 
  地域のお母様方が朝早くから準備してくださったり、

  漬物食べてね〜!と自家製のものを持ってきてくださったり、
  
 
  誰かの知り合いは 必ず誰かにつながっていて・・・
 
  とにかく笑顔がいっぱいでした。
 
  
 
  一人ではなくて、みんなで集まって あーだこーだ色々言いながら巻く恵方巻きって

  本当に楽しいです。
 

  

 
d0121960_18305798.jpg
 
   
  
 
 
 
 
恵方巻きなので、切らずにそのまま かぶりつきます。
 
食べている間は喋っちゃいけんらしいですが、皆さん楽しいから喋る喋る(笑)
d0121960_18313063.jpg

 
 
  お昼からはホルンの演奏会。
   
 
  お昼から参加される方もいらっしゃったようです。

  たくさんの皆さんが集まってくださり嬉しかったです。 
   
 

  
  今回、東北で初めて演奏させていただく曲がありました。
  
 
  『花は咲く』です。 
  


 
 
d0121960_1832682.jpg

  
  
   
 
d0121960_18322372.jpg

 
   
  私は東北地方で『花は咲く』を演奏した事がありませんでした。

  この曲を演奏したいという気持ちが、東北では湧いてこなかった為です。


    
  西日本では いつも演奏しよる曲です。

  東北で見たこと、聞いたこと、感じた事ことをお客さんにお話しながら

  演奏しよる曲です。
      
  でも被災地でこれを演奏すると、悲しむ人や傷つく人もいらっしゃるのではと。

  上手く言えないんですが、演奏する勇気?がなかったというか

  怖かったというか、とにかく ずっと東北では避けていた曲でした。
   

  あと、私の中では とても特別で大切な曲で

  悪い言い方をすれば『震災といえばこの曲だよねー』みたいな気持ちで

  “なんとなく演奏”というのを絶対にしたくない曲でもあったからです。
   
   
   
  でも今回、フッと、演奏したいな・・・と思ったんです。
       
  『頑張ってください』『応援しています』という気持ちではなくて

  【共に生きましょう】という想いを込めて

  皆さんの前で演奏したいなと思ったんです。
         
     
 
  私は今まで何箇所かの仮設住宅、施設などを訪問し

  そこで生活されている方々と関わってきました。
     
  その中では、テレビでよく見るような、皆さんキラキラ輝いた表情で

  みんなで頑張ってますよ〜!という綺麗な場面より

  楽しいお茶っこの時間に 言い合いになったり喧嘩になったり・・・

  そういう場面のほうにたくさん遭遇してきました。



  私が愚痴っぽいからなのか(?)だから私に似た人が集まってくるのか

  それは分かりませんが

  どんよりしていたり不満を言っていたり

  ほぼ、そんな場面しか見ていません。
     

  でも、そんな大人の方々の横で、小さな子どもたちは いつも笑っていました。

  難しい事情が何もわからないって事もあるんだろうけど

  喧嘩をしている大人たちの横で めっちゃ笑顔で笑っていました。
    

  ケタケタ笑いながら、仮設の敷地内を元気に走りまわっている。
   
  その光景を見て、子どもたちって強いな~って思ったんです。
   

   
  気仙沼の住職さんには

  『使命』・・・残された“命”を どう“使”うか という事を学び、

  昨日訪問したデイサービスの利用者さんには

  『何もかも流されたけど、心1つあれば何でもできる』と 教えていただきました。
  

      
  子どもたちを見ていると

  その子たちの次の次の、ずーっと先の代まで 震災の事を語りついでいかなきゃいけない

  それが最も大事な支援で、私たちが絶対すべき事だと思いました。
      
  
       
 
  震災がきっかけではありますが

  私は東北に、気仙沼に縁ができました。

  度々訪問して、逆に皆様に大変なご迷惑をかけてしまっていないか・・・

  正直、未だにモヤモヤした気持ちで訪問しています。
     
     
  
  ただ、何度も訪問する理由・・・

  元気を与えたいだとか 復興云々への気持ちも勿論ありますが

  気仙沼については、ここの人や土地や大好きだから行くという気持ちのほうが

  正直、強いです。
      

  いつも泊めてくださる高崎ファミリーもそうですが

  ここの人たちはいつも『おかえり』と言って迎えてくれます。
 
  皆さんとお話していると、強くあたたかい郷土愛を本当に感じ

  私も心があたたかくなります。
   
  
  ここが好きなので、また何度も訪問させてください。
     
 
  『花は咲く』を聴いていただき有難うございました。


 



d0121960_18344246.jpg

 

  演奏後、一人の若い奥様が私のところへやってきました。
  
  これを作った方にやっと会えたぁぁ〜!って。

    

  涙ぐみながら、手には サンタさんの折り紙を持っていました。
    
 
  それは2年前の12月、気仙沼市の幼稚園で演奏した時に

  園児さん全員にプレゼントした サンタの折り紙でした。
    
 
  話を聞けば、当時の園児さんの保護者だそう。
 
  『子どもは小学生になりました〜』と。


 
  お子さんが持って帰ったサンタの折り紙を

  2年間大切に持ってくださっていた事が嬉しくて。
  
  そして私に会いにきてくださった事が嬉しくて.+☆。
   

 
  なんかね・・・

  こんなあったかい方々がたくさんいらっしゃるんですよ、気仙沼って。
  
 
  また、何度も何度も訪問したくなりました。感謝。
   
   
  
 


  東北ツアー2015冬 おしまい。
  
 
 
 
 
by ol-_-ol-3-3-3 | 2015-02-05 18:36 | ・演奏 ─ 震災を忘れない
<< 【広島】リカバリーセンター章仁... 【宮城】面瀬あんしん館 201... >>
蔵田亜由美の音楽活動ブログです。フレンチホルンとアルプホルンを吹きます。フリーで活動中。病院、施設、飲食店、イベントステージなどに出演しています。