by ol-_-ol-3-3-3
【山口】復興支援コンサート 2014/3/9 
 
 
 
 
『東日本大震災復興支援コンサート』が西田布施公民館で開催されました。
    
シンガーソングライター毛利治郎さんと蔵田亜由美のジョイントLIVE。
d0121960_2327211.jpg

  
   
   
 
d0121960_2252272.jpg

 
 


  たくさんのお客様があつまってくださった〜!
  
  これだけの人たちに、東北を事を伝える事ができる〜!!!
 

 
  被災地報告ができる機会を与えてくださり
 
  企画してくださった方々、関係者の方々には感謝の気持ちでいっぱいです。
 
  又、時間を空けてコンサートに来てくださったお客様にも
 
  ありがとうの気持ちでいっぱいです。
 
 
 
  
 
  今回ご一緒させていただいた毛利治郎さん。
 
  山口のシンガーソングライターです。
 
  震災以降、何度も被災地へ行って
 
  ガレキ拾いや音楽ボランティアをされている方なのです。
  
 
 
  色々な人から お噂は伺っていました。
 
  東北に行った時にも、お名前をチラっとお聞きした事がありました。
   
 
  
  蔵田の気になっている人 No.1だった毛利さんと

  コンサートでジョイントするというかたちで
 
  しかも、復興支援イベントという場でお逢いできるなんて。とっても嬉しかった。
 
 
 
 
 
  
  毛利さんの出番の前に、ホルンコンサートをさせていただきました。
 
  このコンサートのお話をいただいた日から 今日まで
 
  あれを話そう、これを話そう、何を話そう、
 
  あれは話していいのかな、やめとこう・・・色々と考えていました。

  
 
  でも 伝えたい事がいっぱいありすぎて
 
  考えても話が上手くまとまりません。考えるだけ分からなくなります。
  
 
  
 
  
 


 

言葉だけでは伝えきれない。今までの東北での出来事を綴った被災地レポートを
 
自由に閲覧できるように置きました。
d0121960_2253181.jpg
 
   


  復興という目標に向かって歩みを進める人々のスタイル、
 
  歩む速度って、人の数ほどパターンがあってそれぞれ違います。

  でもその中で共通しているのは、未来のために!という強い思い。

  そして郷土愛・・・


 
 
  
  蔵田は東北が好きです。

  土地が好き。そこに暮らす人はもっと好き。

  震災で繋がった縁だけど・・・私はこの縁を大切にしたい。
 
 
 
  度々 東北へ向かう理由、
 
  何か自分に出来る事はないかな・・・という気持ちで向かっているのも勿論あるけど、
 
  東北の皆さんとの再会が ぶち楽しみなんです。それも目的なんです。
 
 
  
 
  
  毎年1月1日に気仙沼の海からの“初日の出”の写真をメールしてくださる玉谷さん。
 
  その写真が、すごく美しいんですよ。
 
  これからだぞ〜!がんばっぺ〜!
 
  写真からはそんな声も聴こえてくるかのようです。
 
 
    

  ホヤ食べて!マンボウも食うか?ホルモンは好きか?
 
  故郷の美味しい物、景色について話をされている時の皆さんの顔、
 
  キラキラ輝いた素敵な表情をされているんです。
 
  その表情を見に行くのが好きなんです!
 
   
   
 
 
  海が 故郷を、町を、全てを奪ってしまいました。
 
  でも海と共に生きてきた皆さんは、その海を恨んでいないんです。
 
 
  
 
 
 

d0121960_22563054.jpg

 
  
 
  
  年末年始は東北で過ごしました。

  色々な町を見てきましたが、 
 
  がれき焼却作業は ようやく終わりが見え始め 
 
  いよいよこれからかな・・・!!という印象でしたよ。



  
  
  これからも たくさん行くつもり。

  そしてまた、帰ってから何か報告ができたらいいな〜と思っています。
  
  

 
  今日 皆様からいただいた募金は、
 
  毛利さんを通して 『高田松原を守る会』へ寄付されます。
  
 
 
  本当に ありがとうございました.+☆。
 
 
 
 
 

d0121960_23334118.jpg

by ol-_-ol-3-3-3 | 2014-03-09 23:15 | ・演奏 ─ 震災を忘れない
<< 【山口】KRY山口放送ラジオ ... 【広島】ピクトハウス 2014... >>
蔵田亜由美の音楽活動ブログです。フレンチホルンとアルプホルンを吹きます。フリーで活動中。病院、施設、飲食店、イベントステージなどに出演しています。