by ol-_-ol-3-3-3
出演予定
+++++++++++
  
茶色の文字
観覧可能な演奏です
 
ホームページのほうに
詳しく載せています
 
+++++++++++


 5月6日(土)
 広島県尾道市
 音楽と風景
 商店街街角コンサート
 出演12:00桂馬さん前
  14:00コモンさん前
 観覧無料
 (アルプsolo)

 
 5月9日(火)
 山口県岩国市
 老人施設
 (フレンチ.アルプsolo)
 
 5月11日(木)
 山口県下松市
 お寺コンサート
 (フレンチ.アルプsolo)
 
 5月13日(土)
 山口県柳井市
 うずしおまつり
 大畠総合センターにて
 出演12:45〜12:00
 観覧無料
 (アルプsolo)

 
 5月24日(水)
 山口県光市
 老人施設
 (フレンチ.アルプsolo)
 
 5月27日(土)
 山口県防府市
 ふれあいサロン
 (フレンチ.アルプsolo)
 
 5月28日(日)
 山口県宇部市
 宇部空港
 にぎわいフェスタ
 出演13:00〜13:40
 観覧無料
 (フレンチ.アルプsolo)

 
 
【東北ツアー2013 夏】 福島県郡山市
 
 
 
 
  今年も行って来ました東北へ。
  
  少しずつ思い出しながら書いていこうと思います。 
 
  
  福島県郡山市→山形県飯豊町→岩手県釜石市→岩手県大船渡市→
  岩手県陸前高田市→宮城県気仙沼市
   
  東北に一週間滞在。
   
     
 
     
   
 
  8月5日(月) ---- 福島県郡山市内で演奏 ----
    
    
  
 
  東北ツアーのスタートは、ハーモニーみどりヶ丘(福島県郡山市)での演奏。
   
  
  施設の名前からして、音楽でいっぱいの施設というかんじがします.+☆。
  すごく響きの良いコンサートホールで演奏させていただきました。
  こちらには様々なジャンルの演奏家が慰問に来られるようです。
  
 
  
 

 
d0121960_1251417.jpg

 
 


  夏に演奏している 『夏の思い出』
  この曲の舞台は尾瀬、つまり福島県です〜! 
   
  
  
  
  夏がくれば思い出す〜遥かな尾瀬 遠い空・・・

  この曲の作詞をした江間章子さん、じつは尾瀬には行ったことが無い!!
  っていうのを中学校の音楽の時間に習って、衝撃的だったんだけど
 
  
  それを演奏の時に伝えたら、福島県民も衝撃を受けておられました(笑)
 
  
 
 
 
 
   
d0121960_1255839.jpg

 
 
 
 
 
 
東北地方、やっと梅雨が明けましたね〜!
  
夏と言えば海→海と言えばお魚…という事で、お魚さんをプレゼント。
d0121960_1262441.jpg

  
   
 
  
  皆さんとお話して握手して、笑顔の交換もいっぱいしました.+☆。
  楽器にたくさん触れてくださって有難うございます。
  楽器も喜んじょったです〜!
    
 
  ハーモニーみどりヶ丘の皆様、ありがとうございました。
 
 
    
 
  
 
 
。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。

 
   
   
    
  郡山市に到着したのは、震度5の地震があった当日でした。
  
  
  
  正直、とても怖かったです。地震も恐かったけど・・・

  この地震で、原発は大丈夫なんじゃろうか?!
  福島滞在中は やっぱり気になる。そっちの事ばっかり。
   
 
 
 
  
d0121960_12415234.jpg
  
 
 
 
  滞在中に、福島県内で音楽をやっていらっしゃる方々とお話をする機会がありました。
  その方々は、全く被災されていません。
 
     
  
  『我々も仮設などに慰問演奏に行きたいけど、同郷の人はなかなか行けないのよ。
   行けないというか行きづらいの。
   かたや被災に合われていて、こっちは全く何も無かったでしょ。
   訪問して良いのだろうか、申し訳ない気持ちがこみ上げて来て・・・
   同郷同士ならではの、複雑な気持ちってのがあるの。
   だから、他県から慰問演奏しに来てくれる方々に本当に感謝しているの。』
   
  
  
   
  この言葉を聞いて、遠征初日から強烈なパンチをくらったような気持ちになりました。
        
  

  同郷だと慰問しづらい・・・。
  
  これは『音楽』だからでしょうか。何なんでしょうか。


  他県だから気が付かなかった思い。
  震災後の訪問5回目にして、ようやく気が付いた。
  というか、言ってくださるまで全く気が付かなかった。そんな自分が歯がゆかった。
  
  
 
   
  『街で被災してしまった友人に出会うと
   会話の中に“家があっていいねぇ〜” “待ってる人がいていいね!”っていう言葉が
   やっぱり出てくるのよ。
   でもそれは決して、やっかみとか皮肉で言われているんじゃなくて。
   でも被災していない私達は、そのちょっとした言葉に引っ掛かってしまうの。』
   
 
 
 
 
 

   
  
  家がなくなってしまった方々
  その中には、風と一緒の方向へ引っ越してしまった方もいるようです。
  二重被害。。。
   
 
   
  福島では今、海に長〜い防波堤を建設する話が上がっているそうです。
  何をするにも賛否両論で、意見が整いません。
  
  どうなるんでしょうか・・・いろいろ。
 
 

  
 
 
  
by ol-_-ol-3-3-3 | 2013-08-05 23:03 | ・演奏 ─ 震災を忘れない
<< 【東北ツアー2013 夏】 山... 2013.7.31. CAFE... >>
蔵田亜由美の音楽活動ブログです。フレンチホルンとアルプホルンを吹きます。フリーで活動中。病院、施設、飲食店、イベントステージなどに出演しています。