by ol-_-ol-3-3-3
出演予定
+++++++++++
  
茶色の文字
観覧可能な演奏です
 
ホームページのほうに
詳しく載せています
 
+++++++++++


 5月6日(土)
 広島県尾道市
 音楽と風景
 商店街街角コンサート
 出演12:00桂馬さん前
  14:00コモンさん前
 観覧無料
 (アルプsolo)

 
 5月9日(火)
 山口県岩国市
 老人施設
 (フレンチ.アルプsolo)
 
 5月11日(木)
 山口県下松市
 お寺コンサート
 (フレンチ.アルプsolo)
 
 5月13日(土)
 山口県柳井市
 うずしおまつり
 大畠総合センターにて
 出演12:45〜12:00
 観覧無料
 (アルプsolo)

 
 5月24日(水)
 山口県光市
 老人施設
 (フレンチ.アルプsolo)
 
 5月27日(土)
 山口県防府市
 ふれあいサロン
 (フレンチ.アルプsolo)
 
 5月28日(日)
 山口県宇部市
 宇部空港
 にぎわいフェスタ
 出演13:00〜13:40
 観覧無料
 (フレンチ.アルプsolo)

 
 
【東北ツアー2012 夏】気仙沼編 その2
   
 
  
  
  -------- 8月11日 気仙沼市内 老人ホームと仮設集落で演奏 --------
 
 
 
 
  午前中、グループホーム村伝で演奏させていただきました。
   
   
 
  高崎ふみふみブラザーズのマジックショーからスタート。

  もう、子どもが前に立つだけで、皆さんのお顔がほころびるよ。

  子どもはお年寄りに大人気なのです。
  
  演奏前に ぶち盛り上げてくれて有難うね! 
  
  

 

d0121960_8565325.jpg

 
 
 
  
 
 
曲に合わせて大きなお声で歌ってくださり 合唱団と共演しているようでした。
 
『元気が出た!』 『また来てー!』と嬉しいお言葉もいただきましたよ。
d0121960_857650.jpg
 
 
 
 
  
。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。
 
  
  
 
  午後は、五右衛門ヶ原(ごえもんがはら)の仮設集落で演奏。
     
 
 
  ここからは、玉谷さんという方にお世話になります。

  いつも気仙沼での出来事を メールで報告してくださる方です。
  
  前回訪問した時には、被害の大きかった地域を巡ってくださり

  それぞれの場所で津波が来た時のお話をしてくださり

  蔵田はそこから学んだ事が数多くありました。
 
  
 
   
  今回、玉谷さんが案内してくださった五右衛門ヶ原の仮設。

  すごく大きな集落でした。野球場の中に建っているそうです。
  
  でも町から離れた場所にあるから、車が必要なのかな。

  お年寄りの方にとっては、交通がちょっと不便かもしれません。

  バスはあるのかな。一日何便ぐらい出ているのかな。

  大丈夫なのかな。
 
  
 

  演奏会場は、広〜い仮設集会所。

  そこは音響設備も整っていました。すべて寄付だそうです。
    
 
  『楽しみにしてたのよー!特等席だわー!!』とおっしゃいながら

  開始30分前に入ってこられたご婦人。

  ニコニコ笑顔で最前列に座ってくださいました。
    
  蔵田も準備をしながら、一緒にお話をさせていただきました。
  

 
  『津波が夜じゃなくてよかったのよ』

  『地震が来たら絶対に高い所へ避難よ!』 やはり震災の会話が飛び交います。
   
  
  『気がめいる事もあるけれど、
  朝夕の挨拶とか、ご近所さんとのちょっとした会話に助けられる事があるの』

  とも おっしゃっていました。
 
  
 
 
  隣近所の方々と声を掛け合う、お茶っこをする、

  イベントを開いたり、地域の人との交流を図ったりするのって大事だと思います。
 
  相互のコミュニケーション維持って

  なかなか難しい事もあるかもしれないけれど・・・

  そこから復興への力だったり、生きる力だったりが、生まれてくる事もあると思います。
  
   
  

  
d0121960_8595849.jpg

 
 

  演奏会には、気仙沼のおまつりの日だったにもかかわらず

  たくさんの方々が足を運んでくださり

  共に楽しい時間を過ごさせていただきました。
  
  夏休みだから 小さなお子さんたちもいて

  演奏の様子を、吸い込まれるような瞳でじっと見てくれていました。
    
  
  
  笑っておられる方、目を閉じておられる方

  少し泣いておられる方・・・

  音楽って本当に不思議で、同じ曲を聴いておられるのに反応は様々です。
     
  
 
 
  今回、チラシを作って色々な所に貼ってくださったり

  演奏会がありますよーって、仮設の皆さんに宣伝し歩いてくださったり

  皆さんにお世話になりっぱなしの蔵田でした・・・。
   

  皆さんのご協力で今日がありました。 感謝しています。 
 
 
 
  
 


アルプホルンに触ってちょうだい!のコーナーも、こんなに大盛況になるとは.+☆。
d0121960_904255.jpg

    
 
 
  
 
  
終了後も、仮設の皆さんが色々なお話をしてくださいます。
d0121960_92459.jpg

   
 
 
 
。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。

  
 
 
 
  気仙沼では2日間かけて

  気仙沼みなとまつりというイベントが開催されていました。
  
  この日は、おまつりに合わせて

  気仙沼市内の様々な場所でイベントが行なわれていました。
  
 
  

  仮設商店街のイベントでは

  昨年12月のチャリティーコンサートでご一緒した

  歌手の『まきのめぐみ』さんと再会!!
  
  南三陸町出身のシンガー。

  お世話になった故郷の人たちへの感謝と、被災者の立ち上がりを願い

  『ずっと見ていて』という曲のCDを無料配布しておられました。
 
 
  
  
 

まきのめぐみさん。お元気そう。ヒマワリ色がとってもお似合いネ。
d0121960_1058743.jpg

 
  

  

。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。
 
 
 

  
  -------- 8月12日 旅の最終日 気仙沼みなとまつり -------- 
  
 
 
 
  『気仙沼みなとまつり』に連れて行っていただきました。
 
  震災後、2年ぶりのまつり復活ということで

  皆さん大変喜ばれており、たくさんの人で賑わっていました!!
 
 
 

 


d0121960_9175589.jpg

  
  
  
  
 
 
気仙沼のホヤぼーや。 皆さんホヤを食べた事はありますか? ふふふ。
d0121960_983925.jpg

  
 
  
 
 
 
気仙沼出身のメダリストもパレードに参加! 大盛り上がりでした。
    
復興に向けての大きな力になるはずです。
 
運良くフェンシングチーム全員と握手をすることができた蔵田。手を洗いたくない。
d0121960_985958.jpg

   
   

  自衛隊の音楽隊が通過する時には 『ありがとうー!!』という言葉と共に

  大きな 大きな 大拍手がおこっていました。
 
  震災後、いち早く被災地に駆けつけたのは自衛隊です。 
 
  

  アメリカ海兵隊にも

  同様に大きな拍手がわき起こっていました。
    
  米軍が演奏する『星条旗よ永遠なれ』は、感動して鳥肌が立ちました。

  日本のためにありがとうって思いました。
   
   
 

 
 
d0121960_9105255.jpg

 
  

  みなとまつりのフィナーレを飾るのが 【はまらいんや踊り】
  


  道路を封鎖し、長〜い円になって ぐるぐると

  いくつもの団体が3時間ばかし踊り続るという

  巨大な盆踊りみたいな・・・そう、気仙沼のソウルダンスです!!
 

 
  踊りは、基本となるものはあるものの、団体ごとに自由な振り付けで踊ります。

  『はまらいんや』の「はまる」とは

  気仙沼の方言で「仲間に入る」という意味。

  だから「一緒に踊りましょう」といった意味になるのでしょうか。
    
 
 
 
    

d0121960_914139.jpg

 
 

  蔵田は、楽天イーグルスファンの会の方々に

  はまらいんや踊りに はまらいんや!(←使い方あってるのかな?)

  とお誘いを受けまして。
 
  
  旅の締めくくりに、最高な思い出ができそうよぉぉぉ〜!!

 
 
   
 
 
 
イーグルスの事は全然分からんけど、皆さんと一緒に踊ってくるけーね!!
d0121960_9143934.jpg

 
 
  気仙沼出身のJazzドラマー“バイソン片山”さん率いる

  バイソンバンドの生演奏で『はまらいんや踊り』がスタートだぁぁぁー!
   

 
  子供たちの元気な歌声。

  踊り手たちのアツい いぶき。わき上がるエネルギー。
  
  もう最高でした。
 
   
 
 
  

 
『はまらいんやー!まだまだいくぞぉぉぉー!!』 『ウォォォォ〜〜〜〜〜〜!!!』
d0121960_920475.jpg

 
   

  肝心の踊りの様子なのですが、撮っていません。

  撮るのを忘れて、跳んだり回ったりして盛り上がっておりました。
   
  皆さんのご想像にお任せします。
  
   
  
   
  おまつり会場の規模は、震災前よりも小さくなっていたそうです。   

  開催するにあたり、問題も多くあったのだろうとお察しします。
 

  
  『今年はやっぱり小さかったね』 『前は向こうの大きな道路でやってたんだ』

  という会話も、あちらこちらで飛び交っていましたが  
   
  でも、でも、でも!

  今年まつりが復活したという事に、とても大きな意味があると思う。
 
 
  

  被災地は行くたびに違います。

  見る風景も、感じる事も、毎回違うんです。

  それは 復興に向けて少しずつ進んでいるという証拠です。
  
  
  直接、被災地へボランティアに行く事も支援ですが

  震災を語り継いでいく事、思い続ける事も、ぶち大事な支援。
  
  被災地の復興を見届けるまで、これからも応援をしていきたいです。

  無理をしないで、出来る事から一つずつ・・・。
 
 
 
 
  旅の報告。おしまい。
 
    
 

  
  +++ Special Thanks +++
  美しいやまがたアルプホルンクラブ、鹿狼アルプホルンクラブ、
  山形の神尾さん、大船渡の仮設の皆さん、支援員さん、葉澤さん、社協たなかさん、
  気仙沼の高崎ファミリー、玉谷さん、たぐちさん、こんのさん、
  演奏させてくださった施設の皆様、演奏を聴いてくださった皆様、
  東京駅の階段で楽器をかかえてくださった殿方
 
  
 
 
 
by ol-_-ol-3-3-3 | 2012-08-23 09:51 | ・演奏 ─ 震災を忘れない
<< 2012.9.1. トヨタカロ... 【東北ツアー2012 夏】気仙... >>
蔵田亜由美の音楽活動ブログです。フレンチホルンとアルプホルンを吹きます。フリーで活動中。病院、施設、飲食店、イベントステージなどに出演しています。